ラインポンプ

今日は循環ポンプの交換。
冷暖房に使われている配管のラインポンプ。

重さは80キロくらいとまずまずなんだけど。
屋外設置で全部保温されていて、保温材の復旧は少なくしたいので、最小限で交換する予定。
それにはポンプ前後の振動を吸収するフレキ管と呼ばれるゴムの部品があるので、それをごまかして交換する作戦。
フレキ管は強い弾力があって配管状況によってはうまく戻せない事も多いので、色々戦略を考案。
いざ、準備万端で外したら意外と余裕があってサラッと交換完了。
これ、最初の施工の時に無理をかけてないってのが重要ですね。
準備してたらこんなもんですよ。
ありがとうございます。

© 2021 futabasetsubi Ltd