漏液修繕

今日から浄水場の薬液配管の修繕に着工。

20年近く前にウチで配管した塩ビ管から液漏れが始まったので、保温材を剥ぎつつの漏液チェックという事でスタート。

既に漏液した部分は保温材が剥いであり、応急処置のテープが巻いてあるのですが、他の部分の保温材を剥いでも漏れはなし。

って、よく見たら漏れてる部分は当初工事の後の改造で、配管を修正してある部分。

ウチの仕事じゃねーじゃん。

っていうか、継ぎ手全箇所で漏れるってどういうこと?
接着剤が悪いのか、腕が悪いのか…

と、心の声も漏れました。

明日も引き続き。

© 2021 futabasetsubi Ltd