サイホンといえば

昨日ハナシ。サイホンといえばサイホンの原理は昔習いましたよね。
液体(水)が高いところから低いところへ水で満たされたパイプでつながっていれば、途中高いところがあっても、流れず続けるって仕組みです。

手動の灯油ポンプがわかりやすいですね。
液面の高いタンクから低いカートリッジへ移すときは、最初にシュポシュポすれば、あとは勝手に灯油が流れていきます。

水道設備でもたまに登場して、有効に使われたり、邪魔したり。

工事をするときでも、サイホン効果を利用することもあります。
昨日の場合だとタンクの液を最後まで抜くのにサイホン管が使われていました。

© 2021 futabasetsubi Ltd