管詰まる

今日は蛇口の水の出が悪くなったというご相談。

大体の場合、配管のさびや砂粒などが蛇口のストレーナーや整流部品に詰まるパターン。
今回もそんなところかと、その辺りから調べ始めるんですが、ストレーナーはそうでもない。

ってことは。その手前の『配管のどこか?』って事になるんですが、これまたバルブなどの約物が怪しいので、今回の場合も水抜栓が怪しいってことになります。

で、水抜栓の交換を行うために、掘削。
掘削してみると、配管が内外面ライニング管という鉄管。
ライニング管は、そのままだと錆びる鉄管を管の内側と外側にプラスチックのコーティング(ライニング)がしてあります。
が。
予想通り配管がそのまま水抜栓にねじ込んであります。
そのまま繋ぐと端部が露出しているので錆びて、配管を詰まらせます。
(水抜栓自体は砲金製なので錆びません)

水抜栓はこんな感じ。

パイプ側はこんな感じ。

内側と外側が樹脂とは思えないほど錆びています。
錆が進んでねじ部から漏水することもあります。

今回は、端部を処理する部品をつけて、水抜栓も古いので交換しました。
ありがとうございます。

ちなみに、こんな感じ。
(別の現場の写真です)

詰まると言っても排水だけじゃないですね。

© 2021 futabasetsubi Ltd