計画的に下流から

先日、宅内下水道工事のご相談を受けました。

お伺いすると、一つの敷地に二世帯二棟の住宅が建っていました。
ご依頼は古い住まいの方で、宅内下水道を工事を行って公共下水道に繋ぐ工事をご希望。

現場を見させていただくと、最近建てた新しい住宅の方の設備配管が古いお宅の横の間際を通り抜けています。
宅内の排水管は下流側からの施工が基本。
スルーされていると、分岐や高さなどの都合から制約が多くなり施工が難しくなります。

将来の計画が事前にわかっている場合は、先行して分岐などを付けたりしますが、今回は既存建物ですから、一緒に工事をしちゃうか、分岐だけしておくのが最適解。

特に今回はきわキワを攻めているので、さらに難易度アップ。
とりあえず。何か対策されているかもしれないし、こっそり仕込んであるかもしれないので、新しいお宅を立てた時の設備屋さんと相談していただく事になりました。
ありがとうございます。

© 2021 futabasetsubi Ltd