ゴムジョイント

本文の内容とは関係ありません

お客様から排水からの漏れの修理依頼。
排水管を壁排水するために壁面のパイプに挿しこんであります。
そのままだと、径の違いから漏れちゃうので、ゴム製のジョイントなどを使って止水します。
今回はその部分から漏水。

以前から漏れていたようで、ジョイントに対して差込代が少なく、ゴムの劣化も相まって漏水しています。あんまり『劣化して漏れる』は見ないんですけど差込代が少ないのも影響しているようです。
さらに逆勾配にも見えます。
排水管の高さと化粧台の排水の位置関係が微妙なうえ、電気温水器を取り付けて継手が増えたのもありますね。

そのゴム製のジョイント。
『アキレスジョイント』が有名で、設備屋さんは誰でも知っているアキレスさんが作っているゴムジョイント。
アキレスさんのウェブサイトには、『特殊軟質塩ビ系樹脂や特殊ブレンドゴムを使用し、耐久性、耐薬品性に優れ、水漏れだけではなく、匂いも外に漏らしません。ジャバラ構造で自由に曲がり配管し易いフレキシブルジョイントからスタンダードなフラットタイプまで各種、用途に合せ取り揃えています。』とあります。
万能感がすごいです。
口径さえ合わせれば何でもイケる感じです。
コンパクトで挿すだけで簡単なんで、時々お世話になっています。

個人的には『差し込むだけで簡単』とかは不安になるタイプなので、袋ナットを締めつけるタイプの物を使いがちです。
今回も、しっかり止水するために部品を締め付けるタイプに交換しました。
ありがとうございます。

ちなみに。
『アキレス』と言ったら、一般の人は『靴』のイメージかもしれませんが、設備屋さんは間違いなく『アキレスジョイント』でしょう。
なんなら「アキレス」っていう人もいるくらい。
ウチは『ボート』がアキレスさんでお世話になっているので、そっちのイメージも強いですね。

アキレスさんのウェブサイト。
https://www.achilles.jp/

© 2022 futabasetsubi Ltd