着火しない

先日、ガス給湯器を替えたんだけど、水圧が低くて着火しないってご相談。
ガスでも石油でも瞬間式の給湯器だと、水道の水圧が低いと着火しないことがあります。

古い機器を取り外す時に配管の水を止めて、水が抜けるので管内の錆びなどが取れてバルブやストレーナーに詰まったりします。
なので、配管を取り外した時にフラッシングしたり、通水後にストレーナーを掃除したりします。
『ははぁ~ん』って感じで行きましたが。給湯機前のバルブが詰まっていたようです。
この場合、せっかくかぶせた保温材を外して、配管を外して清掃しないと取り除けません。

って言うか。ガス給湯器交換して水圧が低いから着火しないので「水道屋さんに診てもらって下さい」って無責任じゃないですか?
そこまで出来なかったら交換工事できますって言うべきじゃないですよ。

ガス屋さんへ。
給湯器の交換の時は、古い給湯器を外したら配管の水を出して管内を洗浄します。
たいてい錆びやごみが出てきます。
水の出が悪いようならその時点で対応してください。
ちゃんと出るようになってから給湯器を取り付けてください。
お客様の負担を考えてください。

あ。
弊社でもガス給湯器の交換できます。
よろしくお願いいたします。

© 2021 futabasetsubi Ltd