トイレの修理

今日は、ウォシュレットの調子が悪いという事でお邪魔してきました。

履歴を調べると、20年弱前の宅内下水道工事の時に設置した一体形の便器(タンクと便器と便座が一体になったトイレ、タンクレストイレも一体形の仲間かな)。

ウォシュレットの今では当たり前の機能も、当時は一体形便器でないと付いていないものが多く、便器選びの選択肢がかなり限られました。
確か、タンクレストイレは高級機種しかなかったので、ウチでも採用率が高めでした。

 

20年前の機種だと以前も書きましたが修理不能。なので、ちょっとお値段高めの機能部品全交換か、本体毎交換に限られます。
これが、一体形便器の弱点のひとつですね。

という事で、今回は本体毎交換する事になりました。
20年弱お使いになったので、良く保ったほうじゃないでしょうか。
工事までしばらくお待ちくださいませ。

© 2022 futabasetsubi Ltd