長野県坂城町の水道設備工事店です。 住まいの水まわりの困ったこと わからないこと なんでもご相談ください。

工事紹介

毎日使われている蛇口などの水栓金具。
「水が止まらない」「水が漏れる」「温度調整がうまくできない」「水の出が悪い」などなど。そんな水栓類のメンテナンスや交換。

ストレーナーの掃除

お掃除前

泡沫水栓のお掃除

泡沫水栓は先端にストレーナーが付いています。
水の出方が弱くなったり、びちゃびちゃ飛び散るようになったらお掃除してみてください。

詰まったストレーナ

泡沫キャップ(ストレーナー)の掃除

水の出る部分を手で回すとキャップが取り外せます。

手で簡単に回せる場合がほとんどですが、工具や治具を使うものもあります。

取り外して歯ブラシやつまようじなどでお掃除します。

完了

お掃除完了

お掃除が終わったら元に戻せば完了です。

泡沫水栓なので飛び散りもなく、出方もキレイになりました。

スムーズに流れるようになりました。

詳しい分解の仕方は取扱説明書やメーカーホームページなどを参考にしてください。

ストレーナーのお掃除2

クランクを閉めます

クランクで止水します

蛇口からの水の出が悪くなった時はストレーナーにゴミが詰まっている事があります。サーモスタット水栓やシングルレバーに多いタイプです。
こちらは工具を使う必要があります。

壁付のお風呂の蛇口を使って説明します。
蛇口の付け根にあるハの字になったクランク部分の溝をマイナスドライバーなどで閉めて止水します。

ストレーナーを取り外します

ストレーナーの取り外し

閉めたら水が止まっているか確認のため一旦蛇口を開けます。
ストレーナーを取り外します。大きなドライバーを使うか付属している場合は付属の工具でゆるめて取り外します。

こんな感じでストレーナーが取り外せます

ストレーナーの取り外し

網がごろっと取り外せます。

ストレーナー

ストレーナー

使い古しの歯ブラシやつまようじなどでお掃除します。

錆やゴミが詰まっていました。

ストレーナー部洗浄中

洗浄

ストレーナーを付ける前に少しバルブを開けてゴミや錆を流しておきます。

外した順番に組み立てて、水、お湯それぞれをお掃除すれば完了です。

泡沫金具の掃除

手洗器の泡沫キャップ

こちらはトイレの手洗器吐水口の泡沫キャップ

ぬるっとした「オリ」のようなものがたくさん付着して、水が飛び散っていました。

蛇口先端に付いている泡沫キャップは手で簡単にはずれます。

手洗器の整流金具

2ハンドル水栓先端の整流金具

こちらは泡沫キャップのような網ではなく、整流板が付いているタイプ。
泡沫キャップほど目が細かくないので割と大きいゴミがひっかかかります。

これも工具ではなく手で回して外しました。

泡沫キャップ

シングルレバー水栓の泡沫キャップ

この水栓は先端部でシャワーとストレートに切り替えできるタイプの蛇口です。この泡沫キャップは特殊な治具を使うタイプ。

付属している治具を使って外します。
(黒いのが治具です。)

浴室水栓の整流金具

浴槽蛇口先端の整流金具

こちらは固形物が沢山ありました。配管の内部が剥離したものだと思います。
弊社の施工ではないので何ともいえませんが、これだけ酷いと施工不良を疑いたくなります。

蛇口パッキンの交換

2ハンドル水栓

水が止まりにくい蛇口

ハンドル式の蛇口の水が止まりにくくなった時や黒い異物が出るようになった時などは、中に入っているコマパッキンの劣化が一番に考えられます。

ハンドルの取り外し

ハンドルの取り外し

ハンドル式の蛇口の水が止まりにくくなった時や黒い異物が出るようになった時などは、中に入っているコマパッキンの劣化が考えられます。

キャップをかぶっているハンドルはキャップを外して中のネジをドライバーでゆるめ、ハンドルを取ります。

ナットの取り外し

ナットの取り外し

スピンドルを押さえてるパッキンとナットをゆるめます。
モンキレンチなどを使ってゆるめます。

ハンドルを回すとスピンドルが抜けてきます。

スピンドル

スピンドル

古くなったパッキンは閉め跡が付いてしまっています。このようにパッキンが硬くなったり溶けてくるとうまく水が止まらなくなります。また、パッキンが当たる蛇口側の金属がすり減ってくるとパッキン交換だけでは改善せず蛇口本体の交換が必要になります。

先端に付いているのがコマパッキンです。(寒冷地用でないと蛇口の中に残っている場合があります。)

パッキンの交換

パッキンの交換

先端のネジをゆるめ新しいパッキンに交換します。

かさパッキン

キャップナットパッキン

ついでにスピンドルを押さえているキャップナットパッキンも交換しました。このパッキンは古くなってくると、蛇口を開けた時にハンドルの軸から水漏れしたり、ハンドルのガタが大きくなったりします。

元に戻せば完成です。蛇口の開け閉めの時キコキコ音がしたり、硬すぎたり緩すぎたりする場合などもスピンドルを締付けているナットを調整すると改善する場合があります。

詳しい分解の仕方はメーカーホームページや取扱説明書などを参考にしてください。

シングルレバー水栓の修理

交換前

交換前

シングルレバー水栓がちゃんと止まらず水がポタポタ垂れるようになりました。
内部を分解清掃してみましたが改善しないのでカートリッジの交換を行います。

シングルレバー式の水栓の水が止まりにくくなった時や温度調整がうまくいかなくなった時など、内部のカートリッジの寿命って事がよくあります。

カートリッジの交換

カートリッジの交換

ハンドルを外しカートリッジを取り出し交換します。
内部で止水する部分のすり合わせが悪くなってきたようです。
カートリッジ内部は精度が高い部品が使われているので、交換となることが多いです。

交換完了

交換完了

蛇口をお掃除してグリスアップして元に戻せば完成です。

シングルレバー水栓のカートリッジは部品の中でもっとも高価です。
蛇口の寿命を左右する部品で、交換して使うか、蛇口が古くなって落ちない汚れも増えてきたし・・・ってことで水栓ごとそっくり交換されるお客様も沢山いらっしゃいます。

別の水栓のカートリッジ

割れたカートリッジ

こちらはそんなに古くないのですがカートリッジが割れてしまいました。上と同じメーカーですが、ここまでバラバラになる事は珍しく、廉価モデルの製品に使われていました。

同メーカーでも水栓ごとカートリッジが違う場合があり、古くなってくると、メーカーからの供給が終了している場合があります。

2ハンドル水栓からシングルレバーへの交換

交換前

交換前

カウンター付の2ハンドル水栓もシングルレバーに交換する事ができます。

水栓によって取付寸法が違うので、既存の水栓を調べ適合するものを探します。

交換完了

交換完了

水栓の交換は比較的簡単です。
シングルレバーで吐水口が回転するタイプです。

カウンター内の止水栓や配管が古くなってくると、交換が難しくなる場合があります。

台所蛇口の交換

施工前

止水不良の蛇口

台所のカウンター付のシングルレバー水栓の交換です。
古くなってうまく水が止まらなくなり本体から水漏れもしています。

取り外し

取付部のお掃除

カウンター付の蛇口はカウンター下から専用工具でネジをまわして取り外します。

本体から水漏れしている場合カウンター下に染みこんでいる場合がありますので早めの交換をおすすめします。
すでに染みこんでカウンターが弱くなってしまっている場合は補強します。

取り外したら取付部のお掃除をします。

取付中

取付

新しい水栓を取り付けます。最近の水栓はカウンターの上からの施工で取り付けできるものが増えています。

完成

交換完了

完成です。

新しい蛇口はレバーを上げると吐水する「上げ吐水」と言われるものです。
一昔前はその逆の下げると水が出る「下げ吐水」と混在していましたが現在は上げ吐水しかありません。

洗面化粧台水栓の交換

施工前

古い蛇口

こちらは、古くなった化粧台のシャワー水栓の交換です。
シングルレバーからシングルレバーへの交換です。

台付きの水栓は取付穴が色々なので、穴径に合わせた水栓を選びます。

取り外し

交換完了

こういった2つに分かれているタイプでも、サイズ等を確認させていただき、適合するものがあれば、新しい蛇口に交換することができます。

サーモスタット水栓のメンテナンス

サーモスタット部の取り出し

うまく水が止まらない蛇口

浴室のサーモスタット水栓がちゃんと止水できずポタポタと垂れるようになりました。

サーモスタットカートリッジを取り出します。

カートリッジの分解

サーモスタットカートリッジの分解

カートリッジを分解して清掃しました。
サビ粒やら得体の知れない白い固形物が詰まっていました。
グリスアップしながら元通りに組み立てて完了です

今回は、止水側でうまくいきましたが通常サーモスタットカートリッジは精密部品なので分解して修理というよりはカートリッジごと交換になる事が多いです。

サーモスタット水栓の修理

サーモスタッドカートリッジの取り出し

温度調整がうまくいかない蛇口

こちらはカートリッジの交換です。浴室で使われていたサーモスタットシャワーの温度調整がうまくいかなくなりました。

新旧カートリッジ

新旧サーモスタットカートリッジ

ハンドルを外し内部のカートリッジを取り出し交換します。

新しいカートリッジの取付

交換

新しいカートリッジを取り付けて、ハンドルを元に戻せば完了です。

サーモスタットカートリッジはサーモスタット水栓の心臓部です。 器具ごとにカートリッジが違うので、古い蛇口は部品が無くなっていたり、部品の中でも高価なので蛇口ごと交換される方が多いです。
また、緊急の場合は仮設の蛇口に交換して、修理するか、新しい蛇口に交換する対応となる場合があります。

浴室サーモスタットシャワーへの交換

交換前

施工前

しばらく止めてからお湯を出すと、止めてる時間の割に水しか出てこない時間がとても長いと言う事で現場調査を行うと、蛇口が一時止水できるタイプでした。
原因は給湯機と蛇口の組み合わせに問題がありました。
リフォームの時に取り付けられた蛇口だそうですが、使い勝手もあまり良くない言う事で交換となりました。

こういったご依頼も以外とあります。
浴室のリフォームの時にちゃんと確認しておけば防げるんですが・・・

交換後

完成

古いけどまだ使える給湯機を交換するか。新しいけど使い勝手に不満もある蛇口を交換するか。という事で蛇口を交換する事になり、サーモスタッド式のクリックシャワーに交換しました。
これで面倒な温度調整はなくなり、温度が安定して自動で合わせてくれます。
クリックシャワーは手元で水を止められるので、こまめに止めれば節水になり、介護や赤ちゃんの入浴、お掃除の時にも便利です。

シャワーヘッドのお掃除

シャワーヘッドの分解

シャワーヘッドの分解

浴室用などのシャワーの先端も分解できます。広がりが悪くなったりした時は分解してお掃除すると改善する場合があります。

ドライバーで先端を分解します。

シャワーヘッドの分解

ストレーナーの掃除

バラバラにして内部を清掃します。黒い小さなゴミが詰まっていました。
元通り組み立てます。

シャワーヘッドの分解

シャワーヘッドの分解

こちらは分解する時に専用工具を使うタイプのシャワーヘッドです。
節水タイプなのでとても目が細かいです。

こういったタイプの場合、詳しい分解の仕方は取扱説明書を参考にしてください。

便器ストレーナーの掃除

止水中

止水栓で水を止めます

トイレのロータンクに水が溜まるのに時間がかかるようになった場合、直圧式のトイレの流れ方が悪くなった場合、ウォシュレットの水の出方が悪くなった場合、など便器にもストレーナが付いています。便器によってストレーナの位置も様々、取り扱い説明書を参考に探してみてください。

まずは、元バルブで止水します。ハンドル式やキー式などがあります。
キー式はマイナスドライバーなどで時計回しで止める事ができます。治具が付属している場合もあります。

ストレーナーの取り出し

ストレーナーの取り外し

止水栓を閉めたら、1回使って水がちゃんと止まっているか確認し、管の中の圧力を抜きます。

こちらは止水栓にストレーナが付属しているタイプです。
タンクレスや一体形タイプに付いています。

ストレーナーの部分を取り外します。古いタイプですとモンキーレンチなどを使って外す場合や、コインなどでまわして取り外すタイプがあります。

ストレーナーのお掃除

ストレーナーの掃除

取り外した網をハブラシなどでお掃除します。

こちらは止水栓と一体形のストレーナーです。
ストレーナーの場所は器具ごと違うので取扱説明書で確認してください。

袋ナットの取り外し

袋ナットを緩めます

こちらは給水管の途中にストレーナーがあるタイプ。
昔からあるスタンダードなものに多いです。

止水栓で水を止め、(止め方は上と一緒です。)取付部の袋ナットを緩めます。

ストレーナーの取り出し

袋ナットを取り外し

袋ナットをスライドさせます。

黒く見えるのがパッキンとストレーナーが一体になった物です。
多少水が出るので水受けを用意してください。

ストレーナーのお掃除

ストレーナーを取り出します

給水管を少しずらし、ストレーナーを取り外します。

ストレーナーをお掃除して、元通りに組み立てれば完了です。

袋ナットの取り外し

ロータンクのストレーナー

こちらは比較的最近のものでロータンクのボールタップに内蔵されているタイプ。
左側のオレンジの部品です。

ストレーナーの取り出し

ストレーナー

止水栓で水を止めたあと、ボールタップの付け根に付いているストレーナーを外します。

細かい粒が詰まっていました。

ウォシュレットストレーナーの掃除

ウォシュレットのストレーナーの取り外し

ストレーナーの取り外し

ウォシュレットの出方が悪くなった場合などウォシュレットにもストレーナーがついているので外してお掃除します。

元バルブを上記のように止水します。元バルブは便器の止水栓と兼用になっている場合や別になっている場合もあります。

ウォシュレットのストレーナー

ストレーナーの掃除

止水栓を閉めたら、1回使って止まっているかの確認と管の中の圧力を抜きます。。

ドライバーやコインを使って、ストレーナーの部分を取り外します。こちらはコインなどでまわして取り外すタイプです。

ストレーナーの場所は器具ごと違うので取扱説明書で確認してください。

ウォシュレットのストレーナー

ウォシュレットのストレーナー

こちらは別のウォシュレットのストレーナーです。

オリなどが詰まっていました。網自体が小さく、とても目が細かいのでサビなどで案外詰まっています。

どのストレーナーもそうですが、出方が悪くなった場合だけではなく、思わぬトラブルの原因にもなりますので、定期的にお掃除される事をおすすめします。

ウォシュレットフィルターの掃除

ウォシュレットのフィルター

フィルターの取り外し

温風乾燥や室内暖房機能が付いているウォシュレットにはフィルターが付いています。

風量が弱くなったり、効きが悪くなったり、音が気になるようになった場合はお掃除すると改善する場合があります。

ウォシュレットのフィルターの掃除

フィルターの掃除

脱臭用のフィルターは便座の内側に室内暖房用は便座の外側に付いています。
フィルターはトイレットペーパーや着衣のホコリで意外と目詰まりしています。取り外して定期的にお掃除してください。

フィルターの場所は器具ごと違うので取扱説明書で確認してください。

ウォシュレットの脱臭フィルター

脱臭カートリッジ

ウォシュレットや暖房便座には脱臭機能が付いているものがあります。

脱臭のためのフィルターは寿命があるので、効きが悪くなった時は交換する必要があります。

また芳香機能付きのタイプは定期的に芳香カートリッジを交換してください。ほんのり香る芳香装置は意外と評判がよく、場所も取らず後付タイプもあるのでおすすめです。

詳しい分解の仕方はメーカーホームページや取扱説明書などを参考にしてください。
少し詳しく解説してある部分もありますが、細かいコツがあったりするので自信がない方はプロにおまかせした方が安心だと思います。

リテール向け(消費者向けに売られているタイプで、機能を削ったり素材や部品を簡素化しコストダウンされている場合が多いです。)商品は通常の設備業界の仕入れルートではほとんど手に入りません。
一括で大量生産されてる為、同じものが手に入りにくかったり、商品や部品の確認や手配に時間がかかったり、そもそもカタログがなかったりします。
修理して長く使うというよりはダメになったら交換するくらいでお考えいただいた方が良いと思います。

同じように、ハウスメーカーオリジナル商品などもメンテナンスの依頼がありますが、情報が入手できなかったり、純正部品が非常に高価なのに汎用部品で代用できなかったり、同型後継機種がなかったりする場合が多いので、なるべく施工していただいた業者さんにお願いする方が良いです。
どうみても同型部品なんだけど、確認できないと交換できない場合があります。お客様にリスクがある場合は施工できません。

有限会社 双葉設備

長野県 埴科郡 坂城町

TEL 0268-82-3827

長野県県営水道指定工事店

千曲川県営水道工事業協同組合加盟店

坂城町排水設備工事指定店

千曲市排水設備工事指定店