長野県坂城町の水道設備工事店です。 住まいの水まわりの困ったこと わからないこと なんでもご相談ください。

工事紹介

古くなった配管の交換工事です。

給水・給湯配管替え工事

着工前

着工前

今回は地中漏水(水もれ)をきっかけに宅内の給水給湯の配管を新しいものに交換することになりました。

漏水のほかにも赤水や水の出方が弱くなった場合、下水道工事の時に一緒におこなったりします。

既設配管

既設配管

普段の生活をしたままの工事になりますので、仮設配管をおこなってから注意して機械や人力で掘削します。

掘り返してみると劣化した配管があっちこっちへ曲がり部品の使い方も良くなかったようです。
これが漏水原因のひとつになったのかもしれません。

給水配管

給水配管

掘削が完了すると、新しいメイン管をビシッとまっすぐに配管します。 管を保護する為の砂をいれて、決められた深さに配管します。

給水と給湯の配管を以前よりも耐久性の高い配管に交換し、口径(配管の太さ)も必要に応じて大きくします。

昔に比べ蛇口やトイレなどの器具類は節水型になってきていますが、シャワーやウォシュレットなど快適に使用する為に必要な水量は増えています。

水抜栓設置

水抜栓設置

台所やトイレなど各水栓まで配管をします。

必要に応じてバルブや水抜栓、伸縮・可とう継手(配管にかかる力を吸収する部品)などを取り付けます。

給湯配管

給湯配管

続いて給湯管(保温材が巻いてあります)も配管します。

同じルートに配管同士が干渉しないように深さや位置をかえて配管します。

水圧試験

水圧試験

配管が終わると圧力試験を行い水が漏れがないか確認します。

その後器具などを取り付け、露出部の保温工事、配管の埋め戻しなど工事を仕上げます。

システムバス漏水

システムバスの接続箇所で漏水

リフォームされたシステムバスの接続箇所で漏水していることが判明しました。

保温材もなく、あまり丁寧な施工がされておらず、接続部品の不適切な使い方が漏水の原因だと思われます。
修理して保温材を巻き直しました。

ためマス設置

ためマスの再設置

配管のためにどかしておいたためマスを設置しなおします。

配管を迂回させていたのはこの為です。

排水管の勾配

排水管の勾配

給水と給湯の配管替作業は終了しましたが、横にあった排水管が逆に勾配がついてることも判明。

逆勾配だと常に配管の中に雑排水が溜まったままで流れが非常に悪く詰まったり悪臭の原因になったりします。

排水配管

排水配管

排水管の一部もやり直すことになりました。
下水道が整備される予定の地区でしたので、コンクリートの下になる配管の一部は下水道仕様で施工しました。

この部分は下水道工事の時にそのまま利用できるので今回の工事が無駄になりません。
コンクリートの下になってしまうので何度もやり直すのは大変です。

完成

完成

埋め戻し、保温工事やコンクリートなどを仕上げて完成です。

ずっと住み続ける住まいなので、少しづつ手を入れ、長い目でみて費用をおさえることが大切だと思います。

漏水の主な原因が老朽化の場合、場所をかえ何度もおこりやすく、赤水や水の出方が弱い場合や水抜栓など機器類が痛んできてる時は、全体が同様に劣化していることが多いので思い切って全部配管をやり直したほうが安心して使えます。

リフォームや配管替えなどの場合、新設と違って普段の生活を送っていただきながらの工事になりますので、仮設配管や養生など工事自体に時間がかかりますし、作業もきちっと施工するにはより手間がかかるようになります。また、壊したり掘ったりすると予定外の工事が発生する場合もあるので、何度も同じような工事を繰り返すのはあまり賢いとはいえません。

水まわりは建物よりも寿命が短く、必ず劣化していくもの。なるべく長く快適に使っていただくため、将来のことを考え、状況に応じて計画的にメンテナンスをしていただいた方が良いと思います。

有限会社 双葉設備

長野県 埴科郡 坂城町

TEL 0268-82-3827

長野県県営水道指定工事店

千曲川県営水道工事業協同組合加盟店

坂城町排水設備工事指定店

千曲市排水設備工事指定店