長野県坂城町の水道設備工事店です。 住まいの水まわりの困ったこと わからないこと なんでもご相談ください。

宅内下水道工事

水洗化(下水道に接続)する場合は、水洗便器に交換する必要があります。必要に応じてトイレや水まわりの改修を行います。

現在の状態にもよりますが簡易水洗の便器の場合は、配管や建物をそのままで便器のみの交換で水洗化する事ができます。

トイレの改修

リフォーム前トイレ施工前

以前に和式便所から簡易水洗に改修した事のあるトイレです。
その為、タイル床に木製のふたをしてあり段差が10センチくらいありました。

左側の壁には前の扉の跡らしきものもあり、壁は古い壁の上に重ねてはってありました。
手前左側には小便器が付いていたらしく床の排水穴をテープで塞いでありました。

今回はトイレ全体を改修するので、床、壁のタイルを剥がし下地からやりなおします。

撤去及び床下配管床下配管

解体してみると床の段差も不要ですし、上の写真で左側に見えていた扉の跡も構造上問題ないので撤去しました。

タンクレストイレ(水道直圧タイプ)を採用するので給水量を安定確保する為に錆で細くなっていた給水管も屋外メイン管から口径を太いものに配管しなおしました。

また、この時にコンセントの位置も移動します。ウォシュレットなどアースが必要な便器でアース端子が無いコンセントの場合はアース工事も行います。

排水配管屋外配管

屋内工事と同時に屋外では、便槽を撤去し砂等で埋め戻し、給水管、排水管を配管します。

排水管も前回工事の際に便槽に挿しただけで密着されておらず、床下で繋がっていない状態でしたので、配管全てをやり直しました。

排水管の上に乗っているのは配管の傾きをみる為の水平器。

下地施工下地施工状況

配管が終わると、床・壁・天井の壁の下地を施工します。

既存建物に断熱材が入っていない部分には、建物に合わせ断熱材を追加しました。

完成完成

内装を仕上げ、器具を取り付けて完成です。

壁の裏側に余裕があったので埋込み式収納付の紙巻器(トイレットペーパーホルダー)を採用しました。

タイルを撤去し、前回工事の時に重ねて張ってあった床も壁もなくなり室内が広くなりました。
さらにコンパクトなタンクレスの便器も採用しましたので室内の有効空間が広がりました。

壁面の下地補強もされているので、将来手すりの取り付けなども簡単にできます。

簡易水洗便器をお使いでも、今回のように過去に和式便器などから簡易水洗に改修したことのあるトイレでは、施工状態によっては床下配管のやりかえが必要になります。

有限会社 双葉設備

長野県 埴科郡 坂城町

TEL 0268-82-3827

長野県県営水道指定工事店

千曲川県営水道工事業協同組合加盟店

坂城町排水設備工事指定店

千曲市排水設備工事指定店