長野県坂城町の水道設備工事店です。 住まいの水まわりの困ったこと わからないこと なんでもご相談ください。

住まいの水まわりの施工事例

古くなった石油給湯機の交換工事。

着工前

着工前

工事前。
使われていなかったお隣の煙突も一緒に撤去するので、収まりの良い位置へ給湯機が少し移動になります。

既設撤去・転圧

既設給湯機撤去

まずは既設の給湯機や不要な配管類を撤去。
そして転圧。機械を使って締め固め、しっかりした設置場所を作ります。

既設循環口

既設循環金具

既設の循環口を外してみると、こんな感じでした。
パッキンの劣化で若干の漏れがありました。

冷めてしまった浴槽のお湯を温めなおす浴槽に付いている口を循環口っていいます。
浴槽のお湯が循環するので循環口。部品の名前は金具なので循環金具っていいます。

シャワーのストレーナー

水栓のお掃除

水の出が少し悪くなっていた浴室の蛇口をお掃除しました。ストレーナーには錆類がびっちり。

蛇口の水量は徐々に細くなっていくので気付き難いものです。
その点プロなので違和感もすぐに気が付きます。ついでのメンテナンスも分解清掃もお茶の子さいさいです。

循環金具取付

循環金具の取付

循環パイプは一般にステンレスのフレキパイプか樹脂ホースで接続されている事が多いと思いますが、銅管で配管をやり直し、少しの熱も無駄にしないようにキッチリ保温材を巻き上げます。

当社ではシステムバスの貫通などで不可能な場合以外は銅管接続のものを使用しています。
ちなみに給湯機の中は銅管が使われています。

循環パイプについて、当社では検討はしつつも、以前は上のようなステンレスパイプを使用していました。しかし、少し前のレジオネラ菌の問題を期に銅管に変更しています。
今までですと接続部がパッキンに頼るため劣化のおそれがあり、パイプが蛇腹状なので衛生面に心配もありました。
銅管なら抗菌作用もあり、接続も溶接なので劣化の心配もありません。見えない部分ではリスクをなるべく避ける事は設備の基本ですし、少しの手間と技術が必要ですが、後の事を考えたら安心してお使いいただけるのではないかと考えて採用しています。

もっと採用されてもよいと思うのですが、この部品も仕入先の在庫や情報ではあまり採用している工事店は少ないようで、仕入先の通常在庫では無いため弊社で在庫して急場の対応にも備えています。
といったような、「何でも使えればいい」ってことではなくて、「末永く安心して使っていただく」ために、ここではご紹介できない細かい改善やこだわりがいっぱいあります。

完成

完成

あたらしい給湯機を設置、配管を接続して、試運転、保温工事を行えば完成です。

給湯機が使えない時間は朝から夕方までの1日でした。

リモコン

インターホンリモコン

台所と浴室が離れているのでリモコン間で会話ができるインターホンリモコンを採用しました。

有限会社 双葉設備

長野県 埴科郡 坂城町

TEL 0268-82-3827

長野県県営水道指定工事店

千曲川県営水道工事業協同組合加盟店

坂城町排水設備工事指定店

千曲市排水設備工事指定店