サンコーテクノ AT-10DⅡ

先月注文していた「サンコーテクノ」「AT-10DⅡ」が届きました。
意外と時間が掛かりました。

これは、打ち込んだアンカーの試験をする機械です。
先日トンネルの天井崩壊事故があったので、ちょっとリアルタイムな感じがしますね。
テレビでも「あと施工アンカー」とか、「接着系アンカー」とかちょと専門用語が出てきていたので、ちょっと身近に感じられますかね。

主にあと施工アンカーで使う事が多いと思いますが、その施工したアンカーで、実際にどれくらいの引き抜き強度が確保されているのかを調べます。
この機械で100KNまで調べる事ができます。100KNって事は約10tの力で引っ張るってことで、うちでよく使うM16くらいまでの金属系アンカーやM12くらいまでの接着系アンカーなどを網羅します。
これ以上のサイズと強度はそんなに使わないので、その時はリースか外注さんにお任せしようかと思います。

本体の下でアンカーを繋ぎ、上のねじを締めて引っ張ります。
とりあえず、試し使いしてみようっと。

サンコーテクノさんは主にあと施工アンカーを作っているメーカーです。
サンコーテクノさんのホームページ

水栓の部品交換

浴室シャワーから水が漏れるって事でお邪魔してきました。

原因はパッキンの劣化。

応急処置してみるも、完全には直らず。
部品交換する事にしました。

製造中止後7年。
微妙なタイミングでもありますが、とりあえず延命。

部品取り寄せなので、しばらくお待ち下さい。
来春のお仕事も頂戴しました。
ありがとうございます。

給水管取出し工事

今日も寒いです。
放射冷却ですか。事務所の前の温度計はマイナス4~5℃。
この間より緩んでいるので、凍結の心配は少ないと思いますが、油断禁物です。

本日は坂城町で給水の取出し工事です。

例年こんな時期に取出しはしないんですが、本管工事に伴っての工事なので今回は特別。

道路掘削して、本管から宅内へ給水管を引き込みます。

午後には水道局の立ち会いがあるので、それまでに配管をします。

茅野の現場

今朝も冷えましたね。
凍結注意です。

今日は茅野の現場まで行ってきました。
水道水を作っている施設で、水処理のために投入する薬品の配管のオーバーホールです。
配管が少し高い場所を通っているので、足場を組んでからの作業。
配管に巻いてある保温をバラし、フランジを割って配管を取り外しました。
それから、中に固着した薬品の結晶をガリガリと取るんですが、とても堅く、ほとんどハツリ状態でした。
ガシガシやれば取れるって聞いていたんですが、ガンガン叩いても取れず、手強かったです。
その後配管を組み立て、保温をし直し、足場を解体して終了となりました。

今回の元請けさんは大手化学メーカーの関連会社で福島から点検にいらっしゃってるそうです。
本日はどうもありがとうございました。

凍結しました

本日は事務所の前の温度計の最低気温がマイナス6~7℃を指していました。

凍結出そうだなって思ったら、案の定。

原因はヒーターの挿し忘れとかなんですけど、今シーズン初の解氷器も登場しました。

凍結した場合、ウチの辺りは凍結防止帯で凍結防止している場合がほとんどなので、まず防止帯のチェックから始めます。
一軒目は、テスターで当たると正常なのに凍結している・・・
今まで確認していた方法が間違えだったのかと思って凍結防止帯メーカーの営業担当さんに確認しちゃいました。

結局、ヒーターの巻き方に問題があって、別のヒーターがこっそりと巻いてあって、差込みが屋内にあり、外からじゃ判りませんでした。屋内は屋内で物陰で見えず。確認に手間が掛りました。

ウチのお客様ですけど、元々の工事は当社施工じゃありません。

施工方法に、現場でちょっとイラッとしましたけど、愚痴っぽくなるので飲み込んでおきます。
またどこかで落ち着いたらにしますが、お客様の事、アフターの事を考えない、行き当たりばったりの施工が多すぎて困ります。

今晩はいくらか良くなりそうですが、みなさんもお気を付け下さい。