めっき管

僕は、DIYで洗面化粧台を交換したり、配管を直したりは全然OKだと思うのですが。

先日、「配管が折れた?抜けた?ので修理して欲しい」とのご依頼が。

地中で漏れているという事で、ウチの工事じゃないと配管の種類やサイズが全然わからないので、先発でウチのスタッフが向かって、現場状況を電話で伝えてもらったのですが、「給水管が折れているので、コレとコレと」って部品を持って来て欲しいと言う内容なのですが、部品の種類と数はわかるのですが、状況が電話で言われても全然想像できなくて…

取りあえず言われものを現場へ部品を届けると、確かに給水管が折れています。

給水管って言うと水道管は全て給水管ですが、ウチの場合(だけかもしれませんが)ただ給水管っていったら「めっき給水管」なんです。

壁から飛び出ているキラキラした配管。
(アイキャッチ画像のやつ)
ウチのスタッフなので、給水管と言ったらめっきの管の事を言っているのですが、確かにそれが埋設されていました。
なので、伝わらないす。
絶対ありえないんです。

めっき管は見た目はめっきで強そうですが、中身は黄銅で肉も薄く激弱。
見た目が良いので水まわりの露出部で使う用、激弱なので埋設環境で耐えられる訳がありません。
しかも、直埋で防食(サビ止め)処理もされていないので、そりゃ腐って折れますよ。

どうやら化粧台交換のDIY作業中に折れたようですが、さすがに埋設管はDIYしないと思いますが。
リスクあるやり方はオススメできません。

トイレの段差の解消

たまには施工事例。

ちょっと前にリフォームしたお客様。
介護保険の住宅改修の補助金を利用しています。
廊下から

トイレのリフォームに合わせて、入り口に手すりとスロープ板を設置。

一般的に真壁だと手すりを取り付けるには補強が必要ですが、トイレ内の壁内から補強材を入れ取り付けているので、見た目スッキリでもしっかりしています。
普段手をついていた部分の繊維壁が取れているので、手すりが必要な場所だったって事ですね。

入り口幅が狭いので、スロープ板をつけたからといって「車いすで…」って事は現実味が薄いですが、つまずき防止には効果があります。

ちなみに中から。
トイレ内から

床仕上げ材はコルクタイルを採用しています。

仮設撤去

今日は少し前に設置した仮設配管の撤去。

配水池の工事を行うために、バイパスする配管を仮設管で組んでありましたが、工事が終了したのでお片付けです。
これでこの現場も僕らの仕事は終了です。

ありがとうございました。

内窓設置工事

今日は坂城町内で、内窓設置などの工事。

まずは既存の障子を外して、溝を埋めて採寸。
大まかな寸法は見積り時点で取ってありましたが、今回はちょっと特殊な仕様なので、念のための再採寸です。

他にも同時進行で、電気工事や建具工事など。
時間は、製作品などが全て揃ってからです。

もうしばらくお待ちください。

ぽこぽこ音

今日はお客様から浴槽のお湯を抜くとポコポコ音がして、臭いがするとの連絡。
新築から数年しか使っていない設備。

お伺いすると丁度浄化槽の引き抜きが終わったところで。
浄化槽は新築以前からお使いのもので、あまりメンテナンスをしていなかったらしく、急遽汚泥の引き抜きをしてもらった様子。

システムバスのトラップがポコポコ音がして臭いと。

おそらく浄化槽の入口で汚泥が停滞していて量があまり飲み込めなくなったところで、浴槽のお湯を一気に流したので配管が閉塞して、行き場を失った空気が逆流してトラップでポコポコと音を出したのかな。
逆流した空気がポコポコするので臭いもします。

実際、引き抜き後は音も臭いもせず、流れもスムーズ。
また再現したらご連絡頂く予定ですが、もう大丈夫ですね。