自閉水栓の調整

先日トイレの手洗いの水栓を交換したお客様。

ちょっと経ってから別の依頼でお邪魔すると、交換した自閉水栓の時間を調整して欲しいと。
自閉水栓とはこんなヤツ。

ボタンを押して、一定時間後に止まる水栓です。
自動水栓ほどではないですが、洗ったあとハンドルを触らなくて良い清潔感と閉め忘れの防止などからご採用頂く事があります。
お値段も自動水栓と、ハンドル水栓の間くらいです。

で。
流量の調整はできたけど、時間はどうだっけ?と思いつつ、
「時間の調整はどうかな」って呟くと、「取り扱い説明書に書いてあったよ」とお客様。
失礼しました。
勉強不足です。

で、早速調整。
微妙な調整で時間が結構かわります。
調整中

実は水栓を交換したときに、交換しなかった部品との「ナジミ」が悪く、僅かに水が滲んで漏れました。

その部品ごと交換になるので、また後日って事で交換はしたんですが、その交換の時に再調整をしなかったみたいで。
僅かな漏れだったので影響なしって判断したんだと思うんですが、微妙な調整なので、それでも使用感がかわったみたいです。
水が出ているのは、数秒の世界ですがやっぱり、短いともう一回押したくなるし、長いと無駄な感じがするので丁度良い長さが気持ちいいですね。