松本の現場

本日は松本市松原の現場で鋳鉄管の配管をしてきました。

口径は200mmと250mm、新しく作っている水道施設の排水の配管です。
今日はみんなで同じ現場なので、鋳鉄管を切るチームとつなぐチームで分担して作業。

鋳鉄製なので基本的に重い。太さも20センチとかになるとバルブや継ぎ手もいちいち重い。
200mmのパイプで1本5mで200キロ弱。250mm1本5mで230キロ弱。重い上に丸くて太くて持ちにくいので、2人じゃ持ち上がりません。

明日は人数が半分になっちゃうので最後に250mmの鋳鉄管1本5mを配管しちゃおうって事で夕方から取りかかりましたが現場条件が悪く意外と苦戦。結局配管に1時間もかかり、真っ暗になっちゃいました。