エコキュートの設置工事

エコキュートの設置工事の打ち合わせに行って来ました。

今回は取引先の電設資材商社さんからのご依頼です。

電材屋さんですから、当然エコキュートは支給品になる訳で、うちは取付け工事だけです。
工事費だけなので、どうしても費用が高めになるけど…大丈夫ですという事でお請けしました。
そのかわりキッチリ仕事をしますから。

 

エコキュートが発売されたばかりの頃に、メーカー主催の商品説明会なんかが頻繁にあり参加した時に、この部分の施工はとくに重要なので、キッチリ仕上げて下さいと言われました。
エコキュートの効率に直接影響する部分なので当然です。

その後設置されているものを見ますが、ほとんどちゃんと行われていません。
構造を理解していれば判るハズで、もちろん施工説明書にもちゃんと書いてありますが、守られていません。
ましてや、ここは寒冷地。
効率を考えたら説明書以上の施工をした方がいいくらいですから、カタログスペックはとても出ないと思うんだけどなぁ。

 
先日他の工事でお邪魔したお客様のお宅にもエコキュートがついていました。
どうやらオール電化工事の時に設置されたようですが、守られていないどころではなく、動けば良いだろうくらいの施工で…僕がみた過去最低の仕事でした。
かといって、お客様のものに「これじゃ、まずいですよ」って指摘する訳にもいかず、どうしたいいものかと。
とても残念な思いがしました。