ご新規さんいらっしゃい

ここのところ何件か漏水の修理をしています。

メーターの検針で漏水が発覚してご連絡を頂いているんですが。
地中漏水なので、調査して、漏れ場所を見つけて、修理して、水道料金の減免(軽減)の手続きをして。と。

お付き合いのあったお客様やそうではない方などありますが、上の中で時間がかかるのは、漏れ場所の発見と実際の修理。
と言う事は。
修理はまずは施工してもらったところに依頼するのが、早くて安く済む方法ですね。
図面や現場写真が残っていたり、配管の管種や機器が違ったり、配管の癖などの特徴も業者によって微妙に違います。

特徴というのは、設備のパターンやこういう部品をこういう風に使って施工するとか、全く同じ部品が在庫にあればその部品だけを交換して完了とか。
材料でも、ウチでは対応できない配管材ってのもあって、仮にその配管が出てきたら、高い専用の加工機を用意しなければいけなくなります。

なので、やってもらったところにお願いするのが堅くて確実です。