濁り水

今日は水道設備で機器の交換工事。

バイパス管に切り替えて、古い機器を取り外し、その状態でバルブをあけてバルブの動きや錆を出(ドレン)します。

1次側2次側それぞれ出して、濁りなどを確認して、新しい機器を取付け。

ドレンしたりしなかったり、どこからどれくらい出すのかとか。時間やバルブの位置や種類、配管ルートや水道局の方の考え方の違いでいろんなパターンがあります。

ほとんど濁り水が出ない時も多々あるので、念のためって場合も多いのですが。
今回は濁った水が出て、中々濁りが綺麗になりません。

すぐそこのバルブなので、少し出せば良さそうですが、結構な時間ドレンし続けてやっとOKが出ました。
こういった事もたまにあります。原因はよく分かりません。勉強不足です。ハイ。