アームレスト

ウチで採用率の超高い便器のアームレスト。
高齢者がお住まいのトイレにはかなりオススメです。

もちろん、壁側には手すりや手すり兼用の棚などを取付け。
ここまでは標準的に採用しています。
さらに。
後で取付がほぼ不可能なので、壁を剥ぐようなリフォームの時にはご提案させて頂いています。
座った時に座位をを保持するのに肘掛けとして使って、立つ時は、手すりとアームレストの両側で支える感じです。

実はコレ、採用すると壁内にかなりゴツイ補強材を入れないといけません。
見た目はスッキリしていますが、テコの原理で先端に人の体重が掛るので、根本は相当な耐力がないと保ちません。
しかも、下地は大きなものを入れたいのに、給水やコンセントと良い具合に干渉してくる位置関係。
なので、リフォームの現場で施工する人は大体いつも苦労します。

 

先日の現場では、便器の給水管と干渉して。壁給水だと補強材が思いっきり干渉、床給水だとアームレストのバーと干渉、右側給水にすると筋交いと干渉。

アームレストの位置を動かすのが手っ取り早いけど、使い勝手に直結するので不可。
(現場では冗談半分でアームレストをずらせば的な話はしますが、絶対ダメです)
色々部品をちょっとずつ調整してなんとか収めました。

現場的には苦労が多い、職人泣かせの商品ですが、お客様には好評頂いています。