浴槽追い炊き配管の交換

以前、給湯機交換した時に、追い炊き配管(循環配管)を交換したって事を書きましたが。
「追い炊き配管(循環配管)」は給湯機と浴槽を繋いでいる配管で、浴槽のお湯の追い炊きやお湯張りなどで使います。

先日の給湯機の交換。
今回も交換する事になりましたが、配管ルートが少し複雑で交換不可でした。
大きく壊せばいいんですが、給湯機交換くらいでは中々難しいです。

今回のお客様は、30年くらい前の新築の時にウチでお仕事させたいただいたお宅です。
配管ルートが他の配管などに阻まれていました。
当時の事を想像するに、優先順位をつけていけば、そうなるわなぁって感じなのですが。
システムバスもメンテナンスしにくい形状なのも原因のひとつ。

 
 

こちらは、以前交換したお宅の配管。

給湯機を交換する工事で、ざっくばらんにお話できるお得意様なので、この時は、追い炊き配管は洗浄だけって事で工事を進めました。
「追い炊きはあまり使わないから」って仰っていたお客様ですが、洗浄すると予想以上の汚れ。
なかなか綺麗になりませんでした。
これを見ていたお客様が「やっぱり交換して欲しい」って事で、急遽(と言っても全て在庫品ですが)循環口と配管を全て交換する事にしました。
循環配管洗浄

外した循環口。(ちょっと刺激的なのでモノクロにしてみました)
外した循環口

このお客様が特別って事ではなく、その後交換させて頂いているお客様はほぼ同様に汚れていて。
まめにお掃除して頂いてるお客様も案外汚れてる事が多いです。
(何年も毎日使っているものですから、しょうが無い部分はあると思います)

以前から、追い炊き配管を給湯機交換の時に新しくするって事は無い訳ではなかったのですが、この時から必ずお客様に確認するようになりました。
また、追い炊き配管の施工時も、以前は防水性に拘っていましたが、更新性も考慮するようになりました。