浴室水栓のストレーナー掃除

よくアクセス上位になっているので、先日シャワーのストレーナーのお掃をした様子をご紹介。
この時は給湯器をエコキュートに交換したので、通水確認時いつもの様にストレーナーを確認しました。

先ずは、クランクに付いている止水栓をまわして水を止めます。
止水栓を止めます

工事中、もちろん配管内部に異物が入る事がないようにしていますが、その確認と、バルブや配管を操作するので、錆などが詰っていないかの確認をします。
 
寒冷地用の水栓なので、水抜きバルブを開けて、水を抜きます。
水を抜いて

 
コインドライバーを使って、ストレーナーが入っている部分の部品を外します。
傷を付けないように、コインドライバー

 
こんな感じにゴロッとストレーナーが出てきました。
ストレーナーをお掃除して、元に戻します。
ストレーナーが出てきました

今回のお客様宅は、鉄管のライニング管(内側をコーティングした管)を使ってあるので、錆や砂などはそれほど引っかかっていませんでしたが、さび色が付いていました。

お掃除完了後逆の手順で元に戻します。