トイレの段差の解消

たまには施工事例。

ちょっと前にリフォームしたお客様。
介護保険の住宅改修の補助金を利用しています。
廊下から

トイレのリフォームに合わせて、入り口に手すりとスロープ板を設置。

一般的に真壁だと手すりを取り付けるには補強が必要ですが、トイレ内の壁内から補強材を入れ取り付けているので、見た目スッキリでもしっかりしています。
普段手をついていた部分の繊維壁が取れているので、手すりが必要な場所だったって事ですね。

入り口幅が狭いので、スロープ板をつけたからといって「車いすで…」って事は現実味が薄いですが、つまずき防止には効果があります。

ちなみに中から。
トイレ内から

床仕上げ材はコルクタイルを採用しています。