現場調査

先日、浄水場の水槽内で故障した機器の調査。

水の中の事で、頼りない図面を見ても情報が少なくて、わからないので水槽内に潜入。
機器が故障した(故障はしていたんだけど)と言うことだったんだけど、実際は配管から漏水していてまったく機能していなかった。
バックアップの設備があるので、運用はできていたんだけど、だいぶシビアなコントロールだった様子。

それにしても。
古い図面みていたんだけど、結局、竣工図と現場の状況が全く違ってて。
昔はこんなもんでも良かったんですねぇ。

図面あてにして段取っていたら痛い目に遭いましたね。
現場調査すげー重要。

ろ過機の設置

今日は水道施設にろ過機の設置工事。

先日配管工事を行って、今日は機器の設置と配管の接続。

水質の変化に対応して安定した水質の水を送るための施設の増強ですね。

先日も別の水道局で似たような工事だったんですが、流行っていますかね。

ねじ切りマシン

先日の現場は、ステンレスのねじ切り配管が大量にあったので、思い切ってチェーザ(刃)を替えました。

別に不具合があったわけじゃないけど、長い事使っていて、何か漏れやすいなぁって雰囲気で。

そしたら、漏水が「ゼ~ロ~」
見た目じゃわからないし、配管しててもわかんないんだけど。
腕が良かったのか、チェーザが良かったのかわからないけど、手戻りがなくて、忙しい時期にスケジュールが楽になって助かりました。

結局、そう言う事なのかもしれないです。

配管工事

今日は浄水場で仮設配管の付設。
配管といっても太いホース。
浄水場内の各所へホースを伸ばしました。

その先は別の設備屋さんにバトンタッチ。
ホースの接続なんですけど、ちょっとコツがいるので、慣れたところでお声がかかりました。
ありがとうございます。

排水管と配水管

今日は久々の宅内排水管の配管。

『排水管』は、下水道管とほぼ同意味で上水道に対して捨てる方の配管。
トイレは汚水管、それ以外は雑排水管、合わせて排水管みたいな感じですね。

水道施設だと『はいすいかん』には二種類あって、配水管と排水管。
僕らの周りでは現場で間違っちゃいけないときは、「配る方の『はいすい』かん」「捨てる方の『はいすい』かん」っていいます。
「捨てる方のはいすいかん」は実は排水管の他に廃水管ってのもあるんだけど、水道施設の工事では出てこないので、現場にいる人たちも知りません。

住宅工事で『はいすいかん』って言ったら、ほぼ捨てる方の排水管の事ですね。