延期します

今日予定していた工事は客先の都合で急遽中止。

昨日の今日だったので、今日は明日の予定を前倒し。

結果オーライかも~。

フィルターの交換

膜濾過ユニットのフィルター交換。

非常用の装置で、水が濁った時に作動させて綺麗にする機械です。
のフィルターを交換。

浄水器の大きいバージョンですが、使っている時も逆洗って言って自動で水を逆に通して汚れを洗うようにできています。
それでもだんだん、取れない汚れが溜まっていくので、交換します。

ありがとうございます。

アンカー試験

今日は制御盤の移設工事のお手伝い。

メインは、コンクリートに固定しているアンカーの打設と耐久試験。

今回も接着系のアンカー。
引き抜き試験までの硬化時間が温度で変わるので、寒くなると長くなってきて、冬の訪れを感じます。

寸法違い

今日は手直しというか、手直しみたいな残工事。

先日配管に支持金具をつけたのですが、寸法取りを失敗して合わず。
の。残りの取付け。

僕らはコンベックスを使う時に、ミリで正確に計りたいので、先端を使わず、100mm(10センチ)のところを使う事があります。
なので、計測寸法は100ミリ長く読んで、100ミリ引き算します。

たまに訳がわかんなくなって100ミリ違う寸法で切ったりして、合せたら『違うじゃん』って事があります。
(これ設備あるあるですよね)
現場で2人で計る時も「100切って」とか「100切るよ」とか言いながら計測したりします。

今回は僕一人でとったので、ただの間違いです。
『やっちまったー』です。
『レーザーで水平を取りながら足したり引いたりして計ったので』と言い訳しておきます。すみません。

工期に間に合って良かった。

めっき管

僕は、DIYで洗面化粧台を交換したり、配管を直したりは全然OKだと思うのですが。

先日、「配管が折れた?抜けた?ので修理して欲しい」とのご依頼が。

地中で漏れているという事で、ウチの工事じゃないと配管の種類やサイズが全然わからないので、先発でウチのスタッフが向かって、現場状況を電話で伝えてもらったのですが、「給水管が折れているので、コレとコレと」って部品を持って来て欲しいと言う内容なのですが、部品の種類と数はわかるのですが、状況が電話で言われても全然想像できなくて…

取りあえず言われものを現場へ部品を届けると、確かに給水管が折れています。

給水管って言うと水道管は全て給水管ですが、ウチの場合(だけかもしれませんが)ただ給水管っていったら「めっき給水管」なんです。

壁から飛び出ているキラキラした配管。
(アイキャッチ画像のやつ)
ウチのスタッフなので、給水管と言ったらめっきの管の事を言っているのですが、確かにそれが埋設されていました。
なので、伝わらないす。
絶対ありえないんです。

めっき管は見た目はめっきで強そうですが、中身は黄銅で肉も薄く激弱。
見た目が良いので水まわりの露出部で使う用、激弱なので埋設環境で耐えられる訳がありません。
しかも、直埋で防食(サビ止め)処理もされていないので、そりゃ腐って折れますよ。

どうやら化粧台交換のDIY作業中に折れたようですが、さすがに埋設管はDIYしないと思いますが。
リスクあるやり方はオススメできません。