点検点検

今日は塩尻市内で点検作業のお手伝い。
急遽招集された初の混合チーム。

一日雨が降ったり止んだり。

カッパを着ると止んだり、着てないと強く降ったり。

止んでも蒸し蒸し。

カッパの下も蒸れて。

結局ビチョビチョ。

ムムムムム。

ご贔屓

先日お仕事を頂いたお客様。
「15年ほど前に1度仕事をして頂いた…」と連絡を頂きました。

お住まいが別にあって、仕事をさせていただいたあと賃貸に出されていたそうで。
15年ぶりにお仕事を頂戴いたしました。

覚えていてくださった事。ご連絡をいただいた事。
すごく嬉しいです。

ありがとうございます。

予定どおり

今日は、雨予報だったんですが、たいして降らず薄曇り。
こんな日の屋外作業は楽でいいですが、今日は水槽の中での配管作業。

大体RC造の水槽の中は涼しい事が多いんですが、今日のは水槽が露出しているせいか、中が暑い。
湿度も高く蒸し暑かったです。

そして、口径400mm。ちょっと太め。
さすがにここまで太くなると、人力じゃ歯が立たないので、諦めが付きます。

今日明日の予定でしたが、建築工事の内部足場を流用する事ができたので1日で終了しました。
ありがとうございます。

メンテナンス性

膜濾過ユニットの修理に行ってきました。

『膜濾過ユニット』は湧き水や川の水を濾過して飲める水にする装置。
浄水器の大きいやつですね。

内部配管の電磁バルブの交換ですが、基本交換できるようにできていないので、一つはなんとかバルブの袋ナットから順番にバラバラにして、交換。逆の手順で組み直して交換できました。
が。
もう一つは1個は、近くの配管を切断してユニオンジョイントを入れて、離れた場所も切断してこちらはソケットで接続。

小さく作るためにはある程度しょうが無いと思いますが、切断しないと交換できないのは、メンテナンス性から言ったらダメですねぇ。

減圧弁の交換

今日は減圧弁の交換。

『減圧弁』は水道の圧力を下げる装置。

標高の高いところから下に向かって配管してくると、標高10mで1キロ圧力が上がります。

一般住宅の水圧だと3~4キロくらいだと思うんですが、あまり高いと機器が壊れたり、低すぎると使い勝手が悪かったり、給湯器が運転しなかったりとトラブルが起こるので、使いやすいちょうどいい圧力になるように調整しています。

今回は、数キロ離れた上部と下部の二手に分かれての同時作業。
上と下の減圧弁が干渉し合うので、同時に新しくして同時に調整する作戦でした。

ありがとうございます。

明日は第2回戦。