モルタル

今日はモルタルの打設。

基礎コンクリートを補修するためにモルタルを打設しました。
久々にモルタルミキサーで大量のモルタルを作りました。

『モルタル』は砂利の入っていないコンクリート。
砂とセメントと水の混合物。
コンクリートとは別物です。
最近は少量でも、コンクリートで強度だー。配合だー。品質管理だー。って言うので。
割り切ったこういうのは助かります。
何でも適材適所です。

水抜栓の交換

今日は水抜栓の修理。
古いので修理というか、交換ですね。

寒冷地では、「水抜栓」という、配管の水を抜くバルブが付いています。

最近はコストがかかるので、ヘッダー方式にして水抜栓を減らしている事が多いですが、以前からある先分岐式だと、分岐配管にそれぞれについています。
それぞれに付いているので、それぞれ止めたり水を抜いたりできて便利です。

でも、弊社周辺みたいな寒冷地だと、日常使っている時に閉める事は少くなくて、イザっていうときの保険の意味のほうが強いかもしれません。

(先日も夜中にトイレの水が止まらなかったお客様には、水抜栓を閉めてとりあえず対応してもらいました。
トイレだけ止められるので、ほかの蛇口は使うことができます。)

でも。古くなると動かなくなったり、漏水の原因になったりします。
ちゃんと日常からメンテナンスすれば良いのでしょうけど、なかなか…ね。
漏れていなければ、使わなければ問題ないのでそのままにしたり、そもそも故障していることに気づいていなかったり。

それで、今日の修理は、動かなくなった方の故障。
こちらの症状の方が圧倒的に多いですね。
でも、気づかない事もたぶん圧倒的に多いです。

イザって時に止められないと困るという事で、交換しました。
明日も引き続き。

施工管理試験

施工管理試験と言えば。

先日、久々に現場で一緒になった会社の方が。
朝会うなり、ニコニコしながらガッツポーズで『やりましたっ!』って近づいて来ました。
何かと思ったら管施工管理技士の試験に合格したと。

以前会った時に、僕も一緒にいたスタッフも1級の管施工管理技士を取っているので、「どうしたら実地試験をうまく書けますか?」って質問されて。

実地試験は、自分が工事で経験した内容を書く試験で、筆記が合格してもこの実務経験がうまく書けないと合格できません。
しかも、筆記が合格したあとチャンスが2回しかなくて、ダメだと振り出しに戻ります。
なので変なプレッシャーがかかります。
コツを掴めば、筆記に比べて難易度が高い事はないと思うのですが、『プラス文章力』が求められるので得手不得手があるのかなぁ。
何はともあれ、おめでとうございます!!

傾いた地下ピット

高低差の話繋がりで。
以前、水道管の圧力を下げる『減圧弁』のメンテナンスのお手伝いに行った現場。

水道管の水が標高の高いところから下ってくると配管の中の水の圧力はどんどん高くなります。
高くなりすぎると、各家庭に付いている機器やパイプなどが故障したり破裂したりしちゃうので、適正な範囲の圧力なるように下げています。
これが『減圧弁』。

で、今回の現場の道路に設置された地下の配管ピットが配管なりに傾いています。
道路に埋設されている水道管は、深さが一定なので道路勾配と同じ傾き、ピット内だけは水平にして、その先で又道路勾配に合わせます。
道路がいくら坂道でも、地下ピットやマス内は(もちろん機器も)水平で、マンホールで道路勾配に合わせます。
基本です。

水道の機器は水平垂直が基本です。
機器だけじゃありません、あえて傾ける必要がある場合もありますが、世の中の建築物や設備など全ての基本です。

そうじゃなくても良いものは、どちらかと言えば例外です。
もちろん家庭内の配管や機器だって同じです。
(一般住宅の配管類なら見栄えが悪いだけでそれほど影響が無い事もあるんでしょうけど)

今回の配管ピットは(それほど古くないのに)道路勾配に合わせて傾いています。
しかもかなりの急坂に合わせています。
狭いピットなので、中で立っているのがきついくらいです。
僕らが水平器を当ててちょっと傾いちゃったなぁなんていってるのがアホらしいくらいです。

ピットが傾いているので、内部の機器も傾いちゃって、傾いちゃっているものだから機器の寿命が短くなります。
施工当時そうせざるを得ない場合もあるとは思いますが、これはどうでしょう。
このメンテナンス費用も水道料金ですよね。

保温工事

今日は先日行なった工事の保温工事。

更新工事を行なった元々が、保温テープ巻きの仕上げ。

保温テープは幅が5センチくらいで厚みが2mmほどのスポンジテープみたいなやつ。
保温性はあまりなく、カタチにならないような配管にぐるぐる巻く事が多いです。
長野では僕らはあまり仕上げとしては使わず、比較的温暖地域向けなイメージ。
でも、グニャグニャした配管などには馴染むので、他の仕上げで取り合いだけ保温テープって事もよくあります。
屋外では耐候性もなく、そのままだと紫外線でボロボロになるので、上に仕上げのテープを巻きます。

で、今回の現場。
たぶん、屋内の配管でフランジやらバルブやらが沢山あって、凍結の恐れがあるので凍結防止帯と取りあえず保温テープを巻きました。みたいな感じ。
仮設感たっぷりですが、それを設計書できっちり決められると逆にやりにくいです。

結局、保温テープだけではあまりにも適当な感じ過ぎてうまく仕上がらず、上にテープを巻いて成型しました。
さすがに施設で保温テープ巻きだけはちょっと気が引けますね。