ポンプの交換

今日は水中ポンプの交換。

配水池から配水池まで水を送るポンプ。

高いところまで上げるので、配管の圧力も高くなります。
なので、口径の割にポンプも大きくなります。

同じ機種なので、ポン付け。
っていうのは冗談で。
屋内で天井があって、揚水管もあるので、配管をバラしながら徐々に引き上げます。

とはいえ。
井戸と違って浅いので、揚水管も本数が少なく、ほぼほぼ予定通り終了しました。

ありがとうございます。

洗濯機用水栓

リフォーム工事を行なう前の既存の蛇口ですが、何か間違っている気がします。
プロの仕業らしいですけど。

ビニールは横に水が飛ぶのでお客様が取付けたそうです。
うかつに蛇口をひねると、横から水が出て服が濡れます。
なので上のハンドルは回してはいけません。

僕らでも一瞬戸惑いますね。
その後、リフォームを行なって新しい蛇口になりました。

正解はアイキャッチ画像みたいなやつです。
(ちょっと似ているのが紛らわしい)
ちなみに。取付けてあるのは、蛇口のハンドルから食洗機などにに分岐する用途の部品です。

現場調査

先日現場調査に行った現場。

水道施設の大規模改修工事を行うのですが…
運用しながら改修を行うので、仮設設備を作って水を送り続ける必要があります。

大きな工事なので、仮設計画も設計事務所で作られ、図面や資材も予定されています。

その計画が、同じ室内に古い設備を仮設として使う計画で。
設備の設置場所が部屋の入り口。
レイアウト的には超スッキリまとまっているんですが、実際工事を行う事を考えたら、う~ん。

理想的すぎて、じゃぁどうやるの?って感じです。

入り口に置かれた動いている設備の上の隙間から、重量物の新しい機器を運ぶ?
いきなりパッと仮設設備に切替え出来ればいいですが、作業の時間を考えたら、2日も3日も断水する?
室内全体の床の補修工事がありますが、仮設設備を埋め込むのか。それともそこだけ別工事にして、継ぎ接ぎの床にするか?
あげれば切りが無いんですけど…

なので。
現場サイドから元請けさんと仮設計画を練り直しました。

当然運用しながらなので、何段階か経て仮設に切り替えて、また何段階か経て新設切り替えます。
そのグレデーションが、頂いた計画には無いんですよね。

漏水修理

今日は、先日の漏水の修理を行いました。

もうね。
色々言いたい事はありますが、また別の機会に。

もう一件のお得意様のお宅は漏水ではありませんでした。
ね。
予想通り。

ちなみに修理した方の配管は、地域的に10年以内に宅内下水道工事を行った時に配管されたものでした。
漏水は直ったので安心です。
ありがとうございます。

お手伝い

今日はポンプ設備改修工事の設計協力の現場調査。
なので。
設計をするための調査です。

どうすれば、うまく収まるのか。
予算に合わせて、どこまで手を加えるのか。

改修工事なので。
どうしても既存と合せる部分が多々出てきます。
新しく作るのとは違う難しさ。

ぱっと見じゃ分からないけど、微妙に寸法が違っていたりして。
知らずにやると、痛い目見る事も。
なので、こっそり逃げが効くような設計にしたりします。

 

今日の現場は、二つ並んだ製品の寸法が20ミリくらい違うの。
ぱっと見じゃぁ、同じものが二つ並んでいるように見えるのに…
ワナが潜んでいたりするので、なんでそうなったか想像しながら、設計に生かせるようにアドバイスします。