やっぱり上雪

朝は坂城は雨っぽい雪で路面が濡れている程度。
現場の松本塩尻は10センチくらいは積雪があって別世界。

日中も気温が上がらず、粉雪が舞う天気で、最高気温も2~3℃くらい。
現場は地下室だけど、外よりマシなくらいで寒かったです。

ずっと雪の中にいて、帰ってきたら千曲市は路面が乾いていて、またびっくり。
でも、風が強い。
先日の台風に耐えた置き場のシートが、めくれ上がっていました。

と。今日は電動制御で動くバルブの交換。
重さ250キロくらいの電動弁が、地下の難しい場所に付いているので、搬出入はプロにお任せ。

僕らは配管の接続と、支持金具の取付けなど。

さすが、プロの皆さん仕事が早い早い。
あっという間に終わりました。
ありがとうございます。

排水管の試験

先日の排水管の漏れ試験。

隠蔽配管で、ちょっと不安な部分があったので、念のための満水試験をしてみました。
一般的な塩ビ管で接着接合してある配管ですが。

嫌な予感は的中かと思ったら。
不安な部分ではなく、想定外の部分でのにじむ程度の水漏れ。

こちらも接着接合ですが、コンクリート区体との取り合いの部分で、ちょっとイレギュラーな施工。

差し込み側なので、通常使用だと絶対に漏れる事はないんですど、満水になれば漏れる。
排水管が満水になるって事は詰まった時くらいですが、微量でも漏れてはいけません。

手戻り工事はやりにくく、時間がかかる。
『やり直しは3倍の手間がかかる』とは誰が言ったのか、今回は3倍以上の手間がかかります。

うーん。
イレギュラーからのリカバリー失敗でした。
いい勉強になりました。

蛇口の交換

今日はスタッフが洗面化粧台の蛇口交換に行きました。

初めてのお客様でした。

家を建てた時の設備屋さんは廃業され、次にお願いした設備屋さんとは何かトラブったという事で、ウチの出番です。
よろしくお願いします。

それにしてもトラブった設備屋さんは、その辺りで時々同じパターンの依頼が来ますが、いったい何があるのでしょう?

バルブの交換

今日は水道施設でバルブの交換。

重要な送水施設なので、流量を保ちつつバイパス管に慎重に切り替えて、作業開始。

交換作業自体は順調に進んで完了しました。

ありがとうございます。

ちなみに、バルブの口径は150mm。
流量をコントロールする特殊なバルブなので、普通のバルブだと50キロくらいですが、200キロ近くあります。

先日の話じゃないですけど、150mmは太ものです。

加工作業

今日はOAフロアの加工作業。

いつもの何でも屋さん登場です。

ありがとうございます。

『設備』って便利な言葉だなぁ。
水道設備、空調設備、電気設備、コンピューター設備、全部設備だもん。