オススメ品

弊社の事ですが。
こだわりが強いのか、普通の設備屋さんとは違う部品を使いがちのようです。

もちろんカタログには載っていないような特注品でもなければ、受注生産品でもないですし、お客様の住まいの事を考え、設備の事を考え、セオリーからすれば王道だと思うのですが。

材料屋さんからするとやっぱりちょっとずれているみたいで。

この間も「こっちの部品の方が出ますね」とかって話になり。
ウチからしたら、
排水だったら詰りやすいじゃん。とか。
給水だったら錆びるんだよね。とか。
メンテナンスしにくいじゃん。とか。
最後は安いだけでしょ。とか。

どうも採用する気にならないんですよね。

ちなみに安いだけって言っても部品なんで差額で数十円とか、数百円だったりするんですよ。
その分工事費を安くするようなものでは無くて、僕らの消耗費や経費の中でゴニョゴニョするようなものですから。

小さな金額でもチリも積もればっていうのはありますが、お客様にちゃんと説明したら絶対理解してもらえると思うんですよね。
でも、そんなコアな所まで話をする事はなくて、僕らの裁量の中のものなので、安くて簡単な方が良いとされる。と。

 

この間便器を注文したら、電話口の営業さんの横に前の営業さんがいて、相変わらず同じような商品選定だって笑っていたらしいですが…
御客様の選択ですけど。こういう理由でオススメ品はコレです。ってお伝えしています。
その辺は一貫しています。長く使うものですからね。値段や流行でなびくことはあまりありません。

年度末

今年もあっという間の年度末。

例年この時期は、比較的時間が自由なので、片付けやら機器のメンテナンスやら、細かい事を。

あと体のメンテナンスの健康診断とか。

お打ち合わせ

今日は現場調査と打ち合わせ。

メインはメーカーさんの現場調査の立ち会いです。

台所と浴室のリフォームをご希望で、僕は工事にも参加しますが、ちょっとだけなので。
どっちかというと、コンサルタント的な立ち位置ですね。

メーカーさんとお客さんの間で、1対2になったり2対1になったり。
お客さんに変わって質問したり、細かいところを詰めてサポートしたり、逆にメーカーさんの説明を補足したりと。
実際工事を行う場合の事とか、現場サイドの説明を足したりね。
ほぼ初めての立ち位置だったけど、こういうのもありかもしれません。

工事の方は、納期遅延が出ているものもあるので、確認しながら進めます。
ありがとうございます。

チームほがらか

切替え工事のようなイベントの時とか、結構見学者(客先など作業を見守る人)が多い時があるのですが。

先日もスタッフとピット内作業。
狭いピットだったので、声かけをしながらお互い手の届かない所をサポートしながら配管。
どうしてもお互いを邪魔しちゃう事もあるので、声かけたりブーブー文句言ったりしながら作業していました。

それで、上で見ていた見学者の方が「上から見ていると楽しそうですけどね」って

いつも一緒の人達は見慣れちゃって気にならないと思うんですけど、その時は初めての人もいたので、そういう声が聞こえました。

実際。楽しんでやっているんですけどね。
 

現場によっては、親方の目が光っていて殺伐とした雰囲気の会社もある(先日も一緒になりました。ずっとピリついているんですよね)ので、楽しくチームプレーならサイコーです。
お互いの事を気にしながら、声かけしながらやっているので、仕事もスムーズだし事故も起こりにくいと思うんですよね。

以前、別のお客様にウチのスタッフ達の事を「真面目できちっとしていて、朗らかでいいですね」って言われた事がありますが。
ふと思い出しました。
最高のほめ言葉ですね。

オーバーホール

今日は機器のオーバーホール。

僕は参加していませんが、いつもより早く終わったみたい。

結構やる人でかわるもんです。